トップ > デトックスについて > どくだみ茶でデトックス?

どくだみ茶でデトックス?

どくだみ茶でデトックス

どくだみ茶は、今話題の毒素を排出するデトックス作用があります。

また、どくだみ茶のクエリシトリンが血管を拡張し、内臓の毛細血管の強化、腎臓のろ過機能を活発にする、むくみ・冷え性を解消するなど多くの作用があります。

どくだみ茶の原料どくだみは、古くからジュウヤク(十薬)として漢方などに使われている薬草でもあります。

ジュウヤク(十薬)ですから、いろんな効能があるわけです。

どくだみの葉や茎の汁は、切り傷、ニキビ、吹き出物、蓄膿症、水虫、皮膚病などにいいといわれています。

さらに、高血圧、肩こり、便秘、利尿作用など、まさに十薬といわれるように、多くの症状に利用されています。

どくだみは、繁殖力が強いので、あらゆる所で見かけられます。

どくだみ茶や薬効として利用するときは、なるべく清浄な場所に生えているどくだみを採ってきます。

そして、水でよく洗い汚れを落とし、軒先などで数日乾燥させます。

乾燥したどくだみを、小さく刻んで缶などに保管しておきます。

どくだみ茶は、刻んだ乾燥どくだみを水に入れ、煮出します。

乾燥したどくだみは、匂いも弱くなり、独特の味わいのどくだみ茶が出来上がります。

夏場の水代わりには、最適です。

どくだみ茶で血管を強くし、体内毒素を排出し、病気を予防します。

切り傷、皮膚病などに用いる場合は、乾燥前の生の状態から汁を絞って使います。


どくだみとは?

東南アジア、ヒマラヤと北アメリカに分布するドクダミ科の多年草で 平地の日陰に多く群生しています。

茎は高さ20〜40センチメートル、葉は先のとがった卵心形で 六月頃、円柱状の花穂に黄色の小花をつけます。

日本では、北海道から沖縄まで、全国各地に自生する多年草です。

山や野原、道端などの湿気の多いところでごく普通に自生しています。

どくだみの生の葉の特有の悪臭成分には抗菌作用や抗カビ作用があります。生葉の独特の臭いじは、乾燥させることで取り除くことができるので、煎じてお茶としてのむことができます。

どくだみの生の葉の特有の悪臭成分には抗菌作用や抗カビ作用があります。その青汁は胃痛や十二指腸潰瘍に効果があります。

ちなみにこの悪臭は乾燥させれば消えます。

便秘症、風邪、蓄膿症、耳鳴り、胸の痛み、のぼせ、胃酸過多、高血圧、動脈硬化、冷え性などの改善に薬効があります。

また、外用すればニキビなどの肌荒れに効果があるといわれます。

●デトックス関連先

あまてらす岐阜館
岐阜県岐阜市西中島4丁目12−7
058-295-5535
日頃の疲れやストレスとリセット!岩盤浴・マッサージ
岩盤浴

松田美容院
熊本県八代市花園町5−6
0965-33-2439
髪を傷めない弱酸性パーマ!ベルジュバンスで美しく! 貸衣裳,着付,化粧品販売,美容院,ブライダル衣裳レンタル,ヘアデザイナー,ヘアメイクスタイリスト

ほぐし処町家
長野県佐久市岩村田本町755
0120-464457 疲れた体をほぐしませんか?
整体

メディカルエステティックサロンKOICHI
青森県弘前市大字大町1丁目3−11
0172-34-2220
皮膚美容学から生まれた、あなただけのスキンケア計画
エステティックサロン

この記事のカテゴリーは「デトックスについて」です。
デトックスdetoxについて、その基礎から最新の情報までまとめています。
関連記事

デトックスとサプリメント(前編)

デトックスとサプリメント デトックスで毒素を排除する以前に、身体をむしばむ有害ミ...

ジュリークデトックスティー、ご存知ですか?

デトックスに関心ありますか?デトックスとは ご存知かもしれませんが、簡単に説明す...

デトックスにはゲルマニウム温浴がいいかも

デトックスにはゲルマニウム温浴の相性がいいかも 発汗作用、つまり汗をかくことも体...

デトックス簡単セルフチェック・自己診断

デトックス,セルフチェック,自己診断

更新履歴

この記事のカテゴリーは「デトックスについて」です。2008年01月24日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「足湯・フフットバス」です。2007年08月28日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「デトックスについて」です。2007年08月10日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「デトックスについて」です。2007年07月31日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索